脱毛症について想うこと。。インタビューをきっかけに

今日人工皮膚まつげ『レスま』の開発者である株式会社TYRANNの辻下さんからご依頼がありまして、脱毛症やウィッグの色々なお話を インタビュー形式で行いました。
『レスま』はまつ毛のない人でもつけられるので脱毛症患者さん向きの商品であります。
脱毛症になって困ったというお声を聴いて脱毛症患者さんの為の情報サイトを作られるそうです。

ベリーに来られる脱毛症患者さんと向き合い続けて14年、沢山の脱毛症に関する悩みをお伺いしてきました。
脱毛症は未だ完治するこれといった治療法が無い難治性の病気です。
病院に行って積極的に治療を続けていても結果が出ず、それがストレスになってしまうという方は沢山いらっしゃいます。
大抵の人は途中行かなくなってしまい、病院側でも治った人と治っていない人の統計が取れていないのが実情のようです。
しかし発症のメカニズムは少しずつ分かってきています。
ある特定のタンパク質が毛根に集まって過剰に攻撃する免疫の暴走によるものとか。
人によって発症の仕方や範囲、脱毛期間、原因も様々で、原因すらわからないことが殆どですが、 ストレスが何らかの引き金になって、その後治ってしまう人、繰り返す人、全く生えてこなくなってしまう人 とどこがどう違うのか。
私の見てきた経験によりますと、脱毛個所が大きくなればなるほど難治性が高く、アレルギー体質の人は治りずらいような気がしています。
小さな脱毛症で止まった人はたとえ繰り返しても直ぐに生えてくる人が多いですね。
また急性の人。短期間にわっと全体が抜けてしまう人は原因がはっきりしている場合も多く、直ぐに生えてくる人が多いです。
いづれにしても治っている人は積極的に治療された結果というより、自己治癒力で生えている場合が多いと感じています。
今の時点では西洋医学より東洋医学でしょうか。
自分の本来持っている力やホルモンバランス、ちょっとしたきっかけで生えてくることがあるというのが私の考えです。
ネットでは様々な情報が溢れていて、何が本当なのか、どうしたらよいのか迷うことも多いでしょう。
多くの情報に振り回されることなく、治るときは治るとゆったりとした気持ちでいる方が楽になれるかと思います。

脱毛症になって一番困ることはなんですか。
という問いに様々なことが浮かびます。
泊りがけの旅行だったり、プールだったり、温泉だったり、運動だったり、風が強かったらどうしようとか、ジェットコースターに乗れないとか、突然事故に巻き込まれたらどうしようとか、被災したらどうしようとかetc…
大概のことはちょっとした工夫やウィッグがあれば何とかなります。

でもやっぱり髪のある人がしなくてよい苦労、我慢しなくていい我慢、悩まなくてもいい悩みをずっとずっと抱えながら生きていくということ。
何も悪いことをしていないのに、人に隠しているということの罪悪感。
髪のない自分を受け入れ、表面上は何とかなると気丈に過ごしていても
その喪失感や辛さは実際に自分がなってみないとわからないことかもしれません。
それでもいつか自分に折り合いをつけ受け入れるときがきます。

人は辛い思いをした分人に優しくなれるといいます。
私はまだまだですが、いつか人の痛みをわかる人間になれるのだろうか。
周りの人にお願いしたいのは外見で差別をしないでほしい。
一人一人の違いを普通に受け止める社会になってほしいですね。

御蔭さまで創業15年

5月17日でベリーアンドローズは創業15年目を迎えました。

昨日お客様よりおめでとうメッセージをいただき、改めてしみじみと振り返ってみました。

自分でも忘れていたのにお客様が覚えてくださっていたなんて・・・

嬉しくて胸がいっぱいになりました。

小さな自宅の部屋から一人で始め、千葉県市川市に事務所を持ち、その後浅草に移転。 途中、紆余曲折もありましたが、

ベリーのスタッフや提携店、そしてたくさんのお客様に支えられ応援していただき今があります。関わってくださった全ての方々に感謝の気持ちを伝えたいです。

節目節目に思うことは、ベリーを立ち上げるときの初心の気持ち。

脱毛症と向かい合い、心身共に打ち勝つこと。そして同じように髪が無いことで苦しんでおられる方々が自信と希望を持って生きていくためのできる限りのサポートをするいう理念をブレずに持ち続けたい。

今、新型コロナウイルスという未曽有の危機の真っ只中ですが、こんな時だからこそ困難に立ち向かう勇気と、これまでも、これからも変わらない本質的なものを大切にしていきたいと切に思います。

年相応のヘアスタイルについて考えてみる

「こっちの方が自然なんだけど、なんだか老けるよね」「そうね。確かに2さいくらい年が上に見える^_^;」

変だったらハッキリ言ってね-

私と美容師さんとの今日の会話のひとコマ。

私はこうやって髪のプロである美容師さんが近くにいて本音でジャッジしてもらえるという有難い環境にいる。

大抵の人はハッキリ言ってくれる人がいなくて人からどう見られるか気になってしまうことがあるのではないでしょうか。

ベリーでもお客様によく聞かれるのが「年相応かしら」という心配事。

確かに同い年の髪を見ると髪の量や毛質は明らかに変化している。

年齢とともにトップは薄くなり髪の艶がなくなってパサついたり白髪が出てくるのが一般的なようである。

髪を失うと、幸か不幸かウィッグでどんな髪型にもできてしまうので困ったことになる(^_^;)

年相応のことを考えると毛量が少なく艶がない多少傷んだウィッグが自然なんだろうけれど、それが似合うのかというと別の話である。

似合うウィッグがあるのに、わざわざ老けさせるというのはどうなんだろうか。

お年を召した芸能人の髪を見て、どう考えてもあの歳であのふさふさな髪は本物だろうか?と目を疑ってしまうことがあるけれど、あれはあれでありですよね。むしろオシャレで素敵だったりする。

結論として、自分に似合っていればいいじゃないってこと。

色々な種類のウィッグをかぶって確かめてみて、鏡をよーく見て、納得できればそれで良し!

しっくりくるウィッグは自然とかぶる回数が増えます。

固定概念に囚われることなく、好きな自分になりましょう。

本当に不思議なんだけど、似合うウィッグって一人一人違うんです。メーカーによっても違うので、自分にしっくりくるウィッグを見つけましょう。

ウィッグユーザーさんは実年齢よりも若く見られることが多いのですが、こんな楽しみ方ができるのも髪を失ったものの特権かもしれません。

前向きにいきましょう。



脱毛症とカミングアウト

先日「ハフポスト日本版」にて 、
アメリカ・マサチューセッツ州で初めて黒人の女性下院議員に選ばれたアヤンナ・プレスリー氏が自身が脱毛症であることをあるニュースサイトのインタビューで公表され、髪型で人々を勇気づけてこられたという記事を読みました。

公に人の前に立つ議員という立場で自らウィッグであることをカミングアウトされる決断は大きな葛藤があったことと思います。

ファッションでウィッグをかぶることは今では普通にあることですが、本当になくて(地毛が)かぶるのと、あるけれどファッションでかぶるのは大きな違いがあります。

できることなら皆に知られないでいたいという至って普通の感情であるが、時には「隠している」ことの罪悪感や恥ずかしさで、心に深い傷を負っている人も多い。

そんなもやもやを吹き飛ばすかのような彼女の堂々とした姿は多くの髪のない人々の勇気になったのではないでしょうか。

脱毛症は自己免疫疾患で、体が毛包を攻撃することにより、毛包が小さくなって産生が大幅に抑制され発毛が止まってしまう病気ですが、アメリカではなんと約680万人が脱毛症といわれていることに驚きです。

日本でも人口の1~2%程と推定されているそうです。まだまだ脱毛症の受け皿が足りないと感じています。

脱毛症患者でありながらウィッグに携わる私に何ができるのか、日々模索しています。

☆年末のご挨拶☆

令和になって二か月、今年もあと二日で終わります。

皆様にとってこの一年はどのような年でしたでしょうか。

ベリー&ローズは15年目を迎え、お客様と共に歩んで参りました。

今年もたくさんのお客様にお会いして、良いご縁をいただき感謝感謝の一年でした。

本当にありがとうございました。

スタッフ一同心よりお礼申し上げます。

先日スタッフの高校生のお嬢様から、ご自身の長かった髪をばっさり切って、私のウィッグにとプレゼントしてくださいました。

毎日綺麗に髪を整え、シャンプーにも気を使って大事に大事に伸ばしてこられたとのこと。

その心の優しさに、嬉しくて胸がいっぱいになりました。

ほんの小さな優しさの連鎖が少しずつ繋がって、世界中が思いやりにあふれ、争いのない、平和で安らかな日常が広がりますように。

Berry&Roseは来年もさらなるサービス向上を目指し、より一層の努力をしてまいりますので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。