スウェーデンの脱毛症事情

スウェーデン在住のお客様よりこんなお話をお聞きしました。
スウェーデンでは重症脱毛患者に障害者手当としてかつらやかつらのケア商品代にあてるための手当てで、最高で年間約17万円ほど支給されるそうです。
脱毛症患者さんが受けるアートメイクの費用の補助も一部のようですがでるとか。
さすが福祉国家といわれるスウェーデン。
社会的弱者がより守られるシステムになっているようですね。
医療は日本に劣るそうですが。。
お金の補助がでるということも大きいですが、病気を障害として認めて貰えるというのは色々いわれのない風潮にさらされている脱毛症患者たちにとっては意味のあることですね。
たかが髪の毛といわれるかもしれないけれど、髪が無いことがどれだけ精神的にも、日常の生活にも支障をきたすことか・・
これはなったものにしかわからない苦しみも多々あると思います。
スウェーデンに限らず他国では脱毛症患者さんの捉えかたや治療法も全く違うようです。
例えばアメリカでは日本で簡単に使われるかぶれ治療(SADBE)や局所免疫療法などは絶対に使わないそうで、自然治癒というのが最も有力説のようです。
日本の病院では平気でプレドニンなどのステロイド薬を出しますが、他の国では、危険なもの、効果が期待できないものとして使われていないものが多いようです。
一時的に発毛しても、後に抜け、どのような影響があるかわからないものだとすると、本当にこのような医療行為は適切なのでしょうか。。
何もわからないまま治療している人も多く、問題点は多いように思います。
医療現場おいてはまずは安全を第一に考えてほしいものですね。
完治という面ではまだまだ研究に時間がかかるのかもしれませんが、
せめて脱毛症患者さんが快適に生活できる環境が整うことを切に願います。

ステロイドパルス療法について

10月の終わりに脱毛でウィッグのご相談に来られたお客様が、昨日ほぼ生え揃い自毛カットにお見えになりました。
ベリーショートですが、もう自毛デビュー間近、とても喜ばしいことで、
みんなでよかったねと祝福しました。
今までの経緯を振り返り、色々話してくださいました。
そして、今まさに脱毛症で悩まれている方にひとつの希望を与えられたらという思いを伝えご了承を得ましたのでご紹介させていただきます。
突然抜け始めたのは10月頃からで、そのときは公私共にとても忙しかったようです。
色々調べられて、阪大付属病院のステロイドパルス療法をされました。
ステロイドパルス療法は3日間入院して毎朝1回、点滴でステロイド系の薬を投与するそうです。
費用は5万円程。
大量の薬を短期的にガンっと入れることで、いわゆるショックを与えるというか、目覚めさせるというか衝撃によって発毛の力を後押しする療法のようです。
ステロイドパルスは円形脱毛症だけの治療法ではなく、主に膠原病の治療に使われているようです。
ステロイドの副作用は皆さんご存知のとおりで、あまり長く使うべきものではありません。
また、再発の可能性が高いのでリスクも高いです。
絶対に効く保証は無い、再発のリスクもあるということを理解した上で検討された方が良いと思います。
その方は入院前から下から新しい毛が生えていたようで、ステロイドパルス療法をやったからという確かな根拠は無いようで、もしかしたら自然治癒力で生えた可能性もあるようです。
治ったら来なくなる、患者さんのその後の経過を追いづらいということもあって、正確な統計がとれていない現状ですので再発の可能性が実際のところどれくらいなのかということはわからないようです。
ステロイドパルス療法は発症してから半年以内でしかも初めての脱毛の方が対象となるとのこと。
脱毛されて長い年月が経ってしまった場合は受けられない、または効果が期待できないそうです。
ということは、そのくらいの時期なら自然治癒があり得る時期なので、生えやすい人が生えたということ?
いづれにしても、早期治療がカギとなるかもしれないので、お医者さまとよく相談した方が良いですね。
何の影響で、何が原因でかはいまだ解明されていないようですが、脱毛症で悩まれている方は年々増加しているように思います。
不安な毎日を過ごされているかた、諦めてしまっている方にももしかしたらという希望を捨てないで欲しい。
今後も、少しでも多くの治癒例をご紹介していきたいと思います!

オキナワモズク!?

<抜け毛>オキナワモズクに抑止効果 ライオン生科研が発見という記事がありました。
以下抜粋(毎日新聞)
男性の「抜け毛」を加速させるたんぱく質を、ライオン生物科学研究所(神奈川県小田原市)のチームが見つけ、26日発表した。男性ホルモンの作用でこのたんぱく質が過剰に働き、毛根にある毛母細胞を不必要に「自殺」させるとみられる。28日から富山市で開かれる日本薬学会で紹介される。
 
オキナワモズクとは?ナガマツモ科の海藻で、沖縄では、オキナワモズク=太モズクと呼ばれる琉球諸島特産のモズクです。(南は八重山から北は奄美諸島に広く分布しております。)
 オキナワモズクは、ミネラルや食物繊維が豊富で、しかも低カロリーでコレステロール低下作用があり生活習慣病の予防に効果が期待できます。
 また、モズクに多く含まれるフコイダンという成分は、正常な細胞を傷つけず、ガン細胞だけを自己消滅させる働きがあると言われており、抗炎症作用、整腸作用、血液凝固抑制作用などさまざまな効果があると言われております。
先日、事務所にご相談にいらしていただいた方で、円形脱毛症の治療で○○クリニックを試されているというお話をお聞きしました。
私は髪は自然治癒でという考えがあるのですが、生えてきたというのを見せていただいて、かなりびっくりでした。
体毛が濃くなるというのは男性ホルモンなのか?リアップなどのミノキシジルの効果なのか??
体毛と、髪の毛のメカニズムは違うという説もあるので、体毛が濃くなっても肝心の髪の毛が生えないと駄目ですよね...
でもその方は、抜け毛が止まり、産毛がかなり生えてきたということで、あと2ヶ月で半年の結果報告を是非、お願い致します!!

アトピー肌にも良い?つばき油

脱毛症を発症された方はなんらかのアレルギー体質を持っている方が少なくありません。
アトピーと併発される方、もしくは引き金になったという人もいるようです。
先日お客様が愛用していると言う、アトピコスキンケアオイル
アトピコは低刺激でアトピーなど、肌が弱い人に優しい製品なのだそうです。
顔・体につけるものだけれど、髪に付けたら良かったんですって!
使ってみて!と頂いたので使ってみたら、ほんの少量に限りますが、純正椿油ですが、べたつかずさらっとしている感じです。
髪がパサついて広がりやすいときはちょっとだけつけてみるのも良いかもしれません。
沢山つけるとベッタリついてしまうので、あくまでも少量、手につけてから髪全体になでつけるようにです。
興味のある方は試してみてください

刺繍アートメイクについて 

病気や、薬の副作用などで、眉が抜けてしまうということがあります。
そんなとき、アートメイクをされる方も多いと思います。
刺繍アートメイクを開業している友人をご紹介します。
刺繍アートメイクはオールハンドで行う最も難しいとされている技術です。
マシン彫りとの違いは、練りつぶすのではなく、毛を1本づつ描いていくような手法なので、まるで本当に毛が生えているように見えるのが特徴です。塗りつぶさない分肌にも優しく、ノーメイクの状態でも違和感がなくとても自然なんだそうです。
円形脱毛症、病気等でアートメイクが必要な方には、特別料金で施術してくださるそうです。
プルメリア 
場所:横浜市港北区新吉田東1-78-7(出張も交通費実費で受け付けるそうです)
予約専用携帯:080-1291-1178(ベリー&ローズの記事を見てと言って下さい)
<特別料金>
女性・男性眉 ¥40,000
アイライン  ¥20,000
眉・アイラインセット ¥50,000